1. HOME
  2. 福祉支援
  3. 令和元年度授産活動活性化セミナー
福祉支援

令和元年度授産活動活性化セミナー

福祉支援

19

11月21日(木)さいたま市 障害者総合支援センター(会場・主催)で、施設職員および利用者対象の「授産活動活性化セミナー」と「授産支援アドバイザー派遣事業報告会」を行いました(13:00〜15:30)

参加者は7施設(3施設欠席)、職員⒐名。アドバイザー1名。
サデコ講師:山岡和彦理事、大谷聡理事、大塚恵利子監事、星野勇監事、和泉賢二事務局長
司会:竹田良雄理事

第一部「授産活動活性化セミナー」

新商品開発へのチャレンジセミナー「アイデア発想法からのものづくりのヒントとは」で山岡理事がプロジェクターを使って商品開発のポイント、オズボーンのチェックリスト(転用、応用、変更、拡大、縮小、代用、置換、逆転、結合の9種の発想法)の紹介、また、それらの発想から生まれた実例商品を提示しました。

SA_001

続いて参加された施設さんの自己紹介に基づいて、3つのグループに分かれ、課題商品をA.パン、B.さをり織り、C.コーヒーとして、オズボーンのチェックリストに沿って、ブレインストーミング。
グループA.に.山岡+和泉、B.に大塚+星野、C.に大谷+竹田が参加しました。
40分、それぞれのグループで、活発にアイデア出しが行われ、各グループの代表者が結果を発表し、参加された皆さんが共有しました。新商品開発には、柔軟な思考がとても重要であることを実感されたことと思います。

SA_002
SA_003

第二部「授産支援アドバイザー派遣事業報告会」

竹田理事が、サデコ福祉プロジェクトが行なった2施設のデザイン支援の報告をしました。

  1. 「ゆいのわ」は見沼田んぼのネギ農園を行なっています。
    新鮮なネギの魅力を伝えるために、ロゴ制作、キャラクター制作、シール制作、チラシポスターのための写真撮影等の経過と結果を杉山忍真所長とのやりとりを交えながら、丁寧に説明しました。
  2. 「大宮ゆめの園」はやき菓子と手作りパンを販売しています。
    シンボルマーク、ロゴマーク、シールデザインからロールアップスタンド&幟看板、商品展示のテーブルクロスデザインまでのデザイン支援で、おしゃれな洋菓子店をイメージさせることができましたとのこと。結果に杉本恵所長は喜んでいました。また撮影講座も行ったことを報告しました。

IMG_2170
IMG_2164