「SADECOアップサイクルプロジェクト、ロゴマークデザインコンペ」
最優秀作品,入選作品の決定について

近年、工場で製品や部品を製造する過程で出る端材や廃棄材の一部をデザインやアートの力でより良い価値の製品、或いは作品に生まれ変わらせる「アップサイクル」という考え方が広がっています。
SADECO では平成26 年から、埼玉県内の工場から端材や廃棄材を提供して頂き、デザイナーやアーティスト、地域の子供からお年寄りがつながる仕組み作りとして『SADECO アップサイクルプロジェクト』を企画・運営いたすことになりました。そこで『SADECO アップサイクルプロジェクト』のシンボルマークをつくり広くこのプロジェクトを広めていく為に「SADECOアップサイクルプロジェルト、ロゴマークデザインコンペ」を実施し、15作品の応募をいただき、審査の結果,最優秀賞をはじめ,入選作品5点を決定しましたので,お知らせします。
また、最優秀賞のロゴマークを第10回埼玉北部地域技術交流会(平成26年11月6日 埼玉工業大学体育館)サデコブースでのアップサイクルプロジェクト説明パネルでお披露目します。

・最優秀賞:池田亮介

・優秀賞:岩井正子

・審査員特別賞:池田亮介

・入 選:池田亮介、竹田良雄、田積正敏

審査会日時:11月1日(土) 午前10時〜11時半
審査会場:さいたま市浦和コムナーレ9F 会議スペース
審査委員:公益社団法人埼玉デザイン協議会 地域活性化デザイン委員会
SADECOアップサイクルプロジェクト委員

審査結果002