第26回サデコスクール「親子でつくる楽器教室」開催報告
2013年8月24日(土)・8月25日(日)小川町の埼玉伝統工芸会館にて、第26回サデコスクール「親子でつくる楽器教室」が開催されました。
親子のふれあい、ものづくりの楽しさ、音づくりの楽しさを同時に体験できるこの「サデコスクール」は、今回で第26回を迎えました。今年は親子16組、18名の子ども達が参加、総勢34名の参加となりました。アルペンホルン8名、タイコ10名、ギター1名という内容で、個性豊かなオリジナル楽器の制作に取り組みました。
1日目は、当会館の柴生田さんからのご挨拶、そして、新校長・大塚高由校長の開校挨拶、「サデコ」についての紹介、指導スタッフの自己紹介、「音の仕組み」についての講義などが行われました。
続いて、紙筒タイコの作り方、アルペンホルンの作り方などの説明があり、
いよいよ、オリジナル楽器の制作に入りました。
2日目は、まず、トランペットを筆頭にプロの演奏家たちによる「ミニコンサート」の実施、親子で素晴らしい生演奏を楽しんで頂きました。プロの楽器奏者によるアルペンホルンの音の出し方も披露されました。その後、色彩やデザインの基本を学んで、親子で思い思いのデザインと装飾を施し、オリジナル楽器を完成させました。今年も、丁寧な個別指導により、全ての子ども達が、予定の時間内に素晴らしい自分だけのオリジナル楽器を仕上げました。
子ども達は最後に修了証書をもらい、みんなで外に出て、出来たてのオリジナル楽器をそれぞれ握りしめて、元気で、明るく、誇らしげに演奏会を行ないました。
その楽しい演奏会と楽器づくりの2日間は、子ども達の心に、ずっと残ることでしょう。
取材/撮影 情報文化交流委・福井政弘

SCHOOL2013