11月12日(土)さいたま市 障害者総合支援センター(会場・主催)で、「授産活動活性化セミナー」と「授産支援アドバイザー養成研修会報告会」を行いました(14:00~16:30)。司会:和泉。

参加者は、4施設、職員4名。アドバイザー6名(内SADECO:竹田、金田、岩井、中村)。

第一部「授産活動活性化セミナー」は、ワークショップ形式で「理想の施設づくりの第一歩〜アイデア手法とロードマップを学ぶ」でした。アイデア手法の講師は山岡、ロードマップの講師は平山。参加者は2つのテーブルに分かれ、アイデア手法のレッスン、またロードマップ作成のシミュレーションを実践しました。それぞれ50分、45分と短い時間でしたが、密度の濃い内容で、目標のアイデア、目標設定のコツを学ばれたことと思います。

第二部「授産支援アドバイザー報告会」は、「ほっとラウンジ」新店舗のインテリアデザイン指導(2014年11月〜2015年2月までの5回)について、施設長の竹内高子さんと総合プロデューサー竹田のお話のやりとりとパワーポイントを使って室内、オリジナルの円テーブル(4つに分けることができる)、暖色系等の椅子(4色展開)等のデザインの経緯を詳細に報告しました。結果は大成功で、希望されるメンバー(特に女性)も増えたとのことです。続いて「春光園うえみず」広報用施設紹介パンフレットのデザイン指導(2014年11月〜2015年2月までの5回)を、総合プロデューサー竹田が、パワーポイントで詳細に報告しました。一部、二部を通して施設職員と支援アドバイザーは課題や実績を共有することで交流が深まったと思います。

DSCN5952

IMG_0069

IMG_6567

IMG_2583