3月25日(火)午後6時から8時、六本木のアクシスビルで、サデコ顧問の林英次さんの出版記念パーティが開催された。出席者はおよそ200余名。林さんの<デザインフィロソフィー>の神髄に触れ学び、感銘を受けた人々で埋め尽くされた。
この日は、林さんの83歳の誕生日。林さんは、二輪文化を背負いブリヂストンサイクルに入社,1981年創立の「AXIS」の2代目編集長として、また日本のデザインセンターとして若手クリエーターの支援、海外デザイナーの日本登竜門のサポーターなど、さらには経営者から国内外デザイナーなどへのアドバイスは、その一貫したフィロソフィー「AXIS」が人々の共感、雲集を呼んだ。

本書「デザイン司南」のサブタイトルは、一寸先は闇
宮本武蔵ならぬ林英次の「五輪の書」、起/橙本、承/緑本、転/紫本、結/白本、闇/黒本、各10×21cm
の五つの冊子から成る。「司南」は古代中国で方位や風水を見るために使われた羅針盤のルーツ、本書はいつの時代も変わらないデザインの軸(AXIS)を示す羅針盤である。
本出版記念会は、林さんの後を継いだ関康子編集長とアクシス石橋寛会長の発案支援で行われた。

サデコ創始者の一人である林英次顧問には、今後も「サデコの司南」をお願いし、出版記念会の報告とさせていただきました。(代表理事林哲也)

本書内容一部ご紹介:仕事の進め方
●DESIGNは、創造的な計画Creative Planner。●10年先を見るなら、今日から10年前を調べる事。急がば廻れ!気楽に、いくつかの方向性を見出せる。●情報の善循環。良い情報の発信。必ず、それに見合う情報が戻って来る。●人や物、一期一会で、幸せも呼び。すべて初めての出会いが、将来、幸、不幸ももたらす。日頃から正しい「人」「物」の瞬別を。〜〜〜
「アクシス」世界に発信:AXIS誌1981年9月創刊、国内・海外に発行
●1985年に第1回『オートモーティブ・デザイナーズナイト』がアクシスで開催された。東京モータ−ショー来日の各国のデザイナーを、少々の気の利いた食べ物と飲み物で、もてなすという企画(参加費無料)。
参加者は延べ4〜500人に及び、以降デザイナーの交流の場として、モーターショー開催国での「国際的イベント」になっていった。

『デザイン司南』/一寸先は暗闇 著者 林 英次
発行元/株式会社アクシス 〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1
tel 03-5572-0800  fax 03-3583-0119   http://www.axisinc.co.jp/
定価 本体2.400円+税

ホームページ用原稿/林 哲也 記

EH20140428