9月22日(木)、3年ぶりに浦和パルコ10階コミュニティセンターにて開催。
今年度の障害者ワークフェアは、コロナ収束までの緊急避難として、集客を産業労働・福祉・教育の関係者に限り、規模を縮小してリアルで執り行いました。

会場では●サデコショップ(30施設の授産製品販売)●さいたま市誕生20周年記念して作った大型フラッグを再利用した製品とサデコMONOがたりのPR●デザイン相談会●サデコ事業のPR等、約6時間のイベントを行いサデコブースへは151人の来場者があり、授産品の売上は約48,000円、予想以上の売上をあげることができました。
また、多くの関係者に訪れていただきサデコ活動の今後に繋がるPRの場所ともなりました。

■ワークフェア協力者

  • ・さいたま市障害者総合支援センター:関様、元木様
  • ・埼玉県福祉部障害者支援課:小俣様
  • ・サデコ賛助会員:株式会社デサン(懸垂幕製作)
  • ・サデコ会員:竹田代表理事、田端執行理事、森理事、赤井理事、大谷理事(映像制作)、星野監事、大塚監事、森田様、田積様、齋藤様
  • ・HACTAC株式会社:三谷様
  • ・サデコショップ:山口店長、永瀬様
  • ・サデコ事務局:篠崎様、加藤様

サデコMONOがたりが挑戦しているクラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み「ガバメントクラウドファンディング」が埼玉新聞で紹介されました。Webでもご覧いただけます。

YAHOO!ニュース(埼玉新聞)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dfd78db36e2f581035fc89c57b69a09a568a5576

嬉しいことに応援コメントも寄せられました。

【プロジェクトの目的】

・ 「サデコMONOがたり」での商品販売の取組を全国の皆様に知ってもらうことで、障害者施設の売上げ向上を目指します。

・ 寄附金を技術指導による更なる品質の向上や特集ページの更新等に活用します。

・ サイトでのPRを継続することで、障害者が作る商品のイメージアップを図ります。

「サデコMONOがたり」を通じて施設の活動を全国の皆様に知っていただけるよう活動

を続けて参ります。これからもよろしくお願いいたします。

ご支援はこちらから(ふるさとチョイス)

https://www.furusato-tax.jp/gcf/1806

地域活性委員会の「アップサイクル」と福祉支援委員会の「サデコMONOがたり」がタッグを組んだプロジェクトが、4月14日放送のテレビ埼玉「マチコミ」と、4月15日放送のCityFMさいたまで紹介されました。

商品ページと特設サイトも是非ご覧ください。
おかげさまでポシェットは初回分は完売、ペンケースも完売と再入荷を繰り返しています。
第二弾の商品開発も進行中です。ご期待ください。

◯ヌゥのうろこポシェット
https://sadeco-monogatari.com/items/62392f0c34e017637d5552c0

◯ヌゥのペンケース
https://sadeco-monogatari.com/items/62394278bfe68b5de3e1978e

◯特設サイト〜サデコMONOがたりの開発物語〜
https://sadeco1.com/mono/02/

昨年度より取り組んできた、地域活性委員会の「アツプサイクル」と福祉支援委員会の
「サデコMONOがたり」がタッグを組んだプロジェクトが4月10日付の埼玉新聞で紹介されました。

さいたま市誕生20周年を記念して大宮駅に掲出した大型フラッグが、さいたま市、市内障がい者施設、当団体が協力し、素敵な製品に生まれ変わりました。
製作した製品は、オンラインストア「サデコMONOがたり」でハートフルグッズとして販売しています。

商品ページと特設サイトも是非ご覧ください。
おかげさまでポシェットは初回分は完売、ペンケースも完売と再入荷を繰り返しています。

◯ヌゥのうろこポシェット
https://sadeco-monogatari.com/items/62392f0c34e017637d5552c0

◯ヌゥのペンケース
https://sadeco-monogatari.com/items/62394278bfe68b5de3e1978e

◯特設サイト〜サデコMONOがたりの開発物語〜
https://sadeco1.com/mono/02/

昨年度より取り組んできた、地域活性委員会の「アップサイクル」と福祉支援委員会の「サデコMONOがたり」がタッグを組んだプロジェクトが東京新聞で紹介されました。

詳しくは下記URLの東京新聞Webをご覧ください。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/170241?rct=saitama

さいたま市誕生20周年を記念して大宮駅に掲出した大型フラッグが、さいたま市、市内障がい者施設、当団体が協力し、素敵な製品に生まれ変わりました。
製作した製品は、オンラインストア「サデコMONOがたり」でハートフルグッズとして販売しています。

商品ページと特設サイトも是非ご覧ください。

◯ヌゥのうろこポシェット
https://sadeco-monogatari.com/items/62392f0c34e017637d5552c0

◯ヌゥのペンケース
https://sadeco-monogatari.com/items/62394278bfe68b5de3e1978e
なんと、初回販売分は完売しました!

◯特設サイト〜サデコMONOがたりの開発物語〜
https://sadeco1.com/mono/02/

さいたま市誕生20周年を記念して大宮駅に掲出した大型フラッグが、さいたま市、市内障がい者施設、当団体が協力し、素敵な製品に生ま変わります。
製作した製品は、オンラインストア「サデコMONOがたり」でハートフルグッズとして販売します。

企画のコンセプトは「つながる」
 サステナブルな社会とつながる。
 障害のある方が社会へつながる。
 市民のみなさんとつながる。

詳しくは特設サイトをご覧ください。
https://sadeco1.com/mono/02/index.html

サデコMONOがたり
https://sadeco-monogatari.com

2月4日(金)13:00~16:00 埼玉県福祉部障害者支援課主催の工賃向上研修会セミナーを行いました。セミナー内容は施設職員を対象に「工賃から功賃へ。デザイン力で ”功賃向上” 、高賃へ。」

参加者:県内就労継続支援B型事業所約40施設
サデコ講師:田端克雄業務執行理事、森恵理事
会場:オンライン(Zoom)

セミナータイトルへの想い

工賃から功賃へ。デザイン力で 「功賃向上」 、高賃へ。

現状、就労継続支援B型は県の目標賃金より低い施設が多く、施設内では「給料」と呼んでも外部には「工賃」と言っている施設もあります。施設の方はご存知ですが、工賃は利用者のペースに合わせた柔軟な作業補修になります。私が見てきた就労継続支援B型の作業は単純作業や軽作業が多く、作業自体はやりがいを感じるどころか、キャリアアップにもつながらないと感じ、また利用者の親は寂しさを感じながら通わせたり別の施設に移した話も聞きます。
そんな中で一部の事業所は利用者にやりがいと幸せを感じてもらうための取り組みをしています。そこにサデコが関わり工賃アップを実現するためのデザイン支援をしています。いわゆる、工賃から功賃へ、とは努力して成し遂げた結果に対しての高い賃金だと思っています。(埼玉デザイン協議会  代表理事 竹田  良雄)

第一部 「デザインが果たす役割と効果」

埼玉県福祉部障害者支援課より本研修会についてお話し頂きました。
田端克雄業務執行理事より埼玉デザイン協議会について、デザイン支援の取り組み(ブランディング、商品開発)、デザイン支援事例を紹介。デザインが果たす役割や生活者との接点を埼玉デザイン協議会の支援事例を交えながら分かりやすく詳しく講演しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/19624/dai1bu.pdf

第二部 「Webが果たす役割と効果」

森恵理事よりWebデザイン支援事例紹介、福祉事業所におけるDX、サデコMONOがたりの取り組み、SNSの活用、今日からできるDX~はじめの一歩~を紹介しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/19624/dai2bu.pdf

講演後には事前アンケートで質問いただいた悩みに回答し研修会を終えました。

急遽リアルからオンライン開催となった事でオンラインでの参加に不安があった事業所向けに事前Zoom勉強会を行いました。操作や参加方法のレクチャーにより不安が払拭され当日スムーズにご参加いただきました。埼玉デザイン協議会では、デジタル知識における就労継続支援B型事業所毎の細やな悩みも汲み取りながらデザイン支援をして参ります。

【講演・セミナーのご依頼】行政・団体・企業様を対象に講演やセミナーを実施しております。詳しくはお問い合わせください。

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
公益社団法人埼玉デザイン協議会では誠に勝手ながら、年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。

年末年始休業期間

事務局      2021年 12月 30日 〜 2022年 1月 4日
サデコショップ  2021年 12月 27日 〜 2022年 1月 7日

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、2022年 1月 5日 以降 順次ご回答をさせていただきます。

サデコ MONO がたりが NHK 総合テレビジョン「ひるまえほっと」で紹介されました。 

▼見逃し配信はこちら(12月初旬頃まで公開)

https://movie-a.nhk.or.jp/sns/sAm/ky30281u.html

▼ウェブサイトでもご紹介いただきました
コロナ禍で生まれた障害者支援 サデコMONOがたり (2022年11月頃まで公開)

https://www.nhk.or.jp/shutoken/saitama/article/001/48/

▼取材してくださったアナウンサーさんがブログでもご紹介 

https://www.nhk.or.jp/saitama-blog/ana-cas/izaki-n/456394.html

記念に放送前カウントダウンを出店事業所のみなさんと実施。各々が運営する公式 SNS に カウントダウン画像を投稿して一緒に盛り上げました。 カウントダウン画像は、ぱらだいすかふぇと大宮ゆめの園ご協力のもと制作しました。

取材の風景

放送を見たとのお声掛けや、事業所の活動への共感の声など、嬉しい反響をいただきました。
NHK さん、当活動の思いを丁寧に伝えてくださりありがとうございました。

今後ともサデコ MONO がたりをよろしくお願いいたします。 

https://sadeco-monogatari.com

10月28日(木)14:00~16:30 さいたま市障害者総合支援センター主催の2021年授産活動活性化セミナーを行いました。セミナー内容は施設職員および授産支援アドバイザーを対象に「就労継続支援B型事業所の新型コロナウイルス拡大影響調査報告」と「ブランドづくりについて」「学ぼう!知的財産の基本」

参加者:8施設、障害者総合支援センター5名、授産支援アドバイザー4名
サデコ講師:山岡和彦理事、大谷聡理事、中大介事務局長
司会:大塚恵利子監事
会場:さいたま市障害者総合支援センター研修室

第一部「就労継続支援B型事業所の新型コロナウイルス拡大影響調査報告」
障害者総合支援センターよりセンターの取組みと就労継続支援B型事業所の新型コロナウイルス拡大影響調査の報告がありました。大谷理事が支援した一般社団法人空想庭園のPR動画や、本年6月開設のオンラインストア「サデコMONOがたり」も紹介いただきました。

第二部「ブランドづくりについて」
大塚監事司会のもとセミナーを進行。
山岡理事が「ブランドとは(基礎編)」として、ブランドの語源や種類(企業ブランド・事業ブランド・ファミリーブランド・商品ブランド)などブランドの基礎から、有名企業や昨今話題のブランドの事例も交えながら講演。商品ブランドを踏まえた商品開発についてもお伝えしました。
続いて大谷理事が「ブランドづくり(ブランディング)」として、自身が経営する会社の企業ブランドと事業ブランドをメーカー視点で講演。商品開発、パッケージ、オンラインストア(ECサイト)やプロモーション映像、SNS運用などブランドづくりをしている企業として分かりやすく事例を紹介しました。

第三部「学ぼう!知的財産の基本」
弁理士の中事務局長が「学ぼう!知的財産の基本 〜ネット社会で”知らない”では済まされない知的財産〜」として、ネット通販(EC)と知的財産について講演。知的財産権の種類や有名企業の事例、調査やインターネット社会だからこそ気をつけるポイントなど直ぐに実践できる具体的な方法も紹介。第二部の講演をうけて商標とブランドと商号の違いについても話がありました。
またサデコで取り組んでいる商標申請を例にあげ、実例を多く解説した実践的なセミナーとなりました。

【セミナーのご依頼】埼玉デザイン協議会では、ブランドづくり(基礎・実践)から知的財産まで、ブランドの攻めと守りを学ぶセミナーを団体・企業様を対象に実施しております。詳しくはお問い合わせください。

次のページ »